医療関係者向け 

医療関係者向けのものは病院勤務の方や整体師・柔道整復師、アロマセラピストやリフレクソロジスト、カウンセラーなど、病気や悩みを抱えてくる、そしてその病気や悩みを解消しようとしてくる方をクライアントとして持っている方は、通常のオフィスワークなどの人とは少し違う性質のエネルギーを常に受けることになります。


通常のコミュニケーションでは相手のオーラ体系や邪気・エネルギーコードなどが主ですが、医療関係者の場合はさらにすがりついてくるようなエネルギーや病気が治る時に発散される邪気、命を預かっているという強い責任感など負荷が多い傾向にあります。


ヒーリングをしていても、医療従事者の方は自分自身の健康を保つのが大変だなと常々感じています。とくに共感能力が高く思いやりがあり愛情を持ってクライアントと接する方は自分とクライアントとの境界線が揺らぎやすく相手の病気や悩みなどのエネルギーをもろに受けてしまうものです、また、整体などですと骨の矯正時に相当量の邪気が発散されるのでこれも術者のオーラに疲れがあったり受けやすい体質だととてもダメージになります。


医療関係者の方にまずお伝えするのが「相手の邪気を受けるということは自分が疲れていたり、邪気を持っていると相手にも伝えてしまうのでクライアントさんのためにも自分の邪気を相手に伝えないためにきちんと毎日浄化すること」ということです。

愛があり腕がある人ほどクライアントが開放する病気や悩みのエネルギーが強いので努力するほどに邪気が増えるというジレンマがあります。


医療関係者の方には、パワーストーン ヒーリングブレスレットの中でも、そういった病気や悩みのエネルギーを防いでくれるものや、クライアントさんと接するにあたってとくにサポートしてくれるエネルギーをもったものをチョイスしています。


医療関係者向けのヒーリング・ブレスレットは、ポケットの中に入れておいても、行き帰りのプライベートのときに使っても大丈夫なようにパワーストーンを厳選して組んであるブレスレットです。


短時間でオーラにバイブレーションを届けてくれます。


家に帰る前や出勤する前にオーラに元気をチャージできるようにしているブレスレットです。


原石も医療関係のかたに必要なものだなと特に思うものを選んでいます。


スピリチュアルガイドを通じてチャネリングしています。


あなたにぴったりなパワーストーンのスピリッツが声をかけてきてくれるでしょう。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

10